奥州平泉観光新聞

NEWS

時代つなぐ火消し絵巻
2019/05/02

▲ライトアップされ、幻想的に浮かび上がるはやし屋台

 300年余りの歴史を誇る日高火防祭(ひたかひぶせまつり)は29日、水沢市街地で本祭が繰り広げられた。絢爛(けんらん)豪華なはやし屋台が練り歩き、笛や太鼓、三味線のみやびな音色が青空に覆われた市街地を満たした。厄年連も創作演舞で盛り上げ、まちに活気を呼び込んだ。多くの市民や観光客が訪れ、春の祭典を心行くまで楽しんだ。
 大型連休3日目とあって、多くの家族連れらでにぎわった祭り会場。朝からよく晴れて爽やかな風が吹き、半袖姿で見物する子どもの姿もあった。
 祭りは、日高神社参道入り口付近で行われた遙拝(ようはい)式で幕開け。同祭実行委員会会長の小沢昌記市長は「令和に希望を込め、時代をつなぐ平成最後の祭りを盛り上げてほしい」と願いを込めた。9町組の屋台が勢ぞろいし揃(そろ)い打ちを披露。“お人形さん”たちが太鼓を打ち鳴らしながら火防を祈念した。
 夕闇が迫るころ、ライトアップされた屋台が水沢駅通りに集まり幻想的な雰囲気に。「へーヨー」というかわいらしい声を響かせ、揃い打ちと相打ちで祭りを締めくくった。

<< ニュースINDEX >>
page : 1 2 3 4 5 6 7
 [ 次ページ ]

 


平泉町へのアクセス
平泉町へのアクセス English Korean Chinese 奥州平泉の天気情報
奥州平泉グルメ情報
奥州平泉観光情報
奥州平泉宿泊情報
奥州平泉土産情報

ダイジェスト版の閲覧はこちら 携帯版HPはこちら!
最新NewsIndex

特集記事Index





岩手県広域情報