奥州平泉観光新聞
奥州平泉観光新聞

奥州平泉の文化遺産平泉世界遺産登録を目指して
岩手県南のおすすめルートプラン

最新ニュース

平安期の気品漂い中尊寺ハス開花
2017/07/10

▲淡いピンク色の花を咲かせたえさし藤原の郷の中尊寺ハス

 江刺区岩谷堂の歴史公園えさし藤原の郷の「中尊寺ハス」の開花が8日、確認された。平安時代から命をつないできたハスの花色が、来園者の目を引き付けている。見ごろは8月中旬までという。
 中尊寺ハスは、同寺金色堂に安置されていた奥州藤原氏4代・泰衡(やすひら)の首桶(くびおけ)から発見された種を培養したもの。13(平成25)年の同郷の開園20周年を祝して、「『中尊寺ハス』を広める会」から寄贈された。
 園内の伽羅(きゃら)御所の池に定植。年々株を増やしながら成長し、8日現在で3輪の花が咲き、20個ほどのつぼみも確認された。花は直径15センチほどで、淡いピンク色の花弁が気品を漂わせる。
 同郷広報室の佐藤克也室長は「今年は七夕に合わせて咲いてくれた。平安時代から800年の時を超えて咲... (続きを読む

節目の10回公演は「ヤマトタケル」
2017/06/19

▲来年1月の第10回公演に向け、力を込める奥州市民☆文士劇実行委員会のメンバー

奥州市民☆文士劇 来年1月上演へ 意気込みを披露
 来年1月27、28日に上演予定の奥州市民☆文士劇第10回公演の題材が、古代の英雄「ヤマトタケル」に決まった。17日、同劇実行委員会が江刺区大通りの江刺体育文化会館(ささらホール)で会見し、明らかにした。同実行委の高野誠司委員長らが作品テーマや意気込みを披露した。
 08(平成20)年1月の初演「水戸黄門」以来、10作目の記念となる今作品。脚本は第1回から手掛ける道又力氏。演出は劇団わらび座の演出家でもあり、前回の「石川五右衛門」も担当した長掛憲司氏が務める。
 高野委員長は会見で「節目の公演として、スケールの大きな娯楽時代劇をやろうと思い、英雄ヤマトタケルを選んだ。若くして命を燃やし尽くしたタケルは、文士劇の主題“生きる”に... (続きを読む

栗駒焼石ほっとライン 今年もスタンプラリー
2017/05/21

▲市観光物産協会が主催するスタンプラリーのパンフレット

物産観光施設を巡ろう
 市観光物産協会(菊池達哉会長)は「栗駒焼石ほっとライン」のPR事業として、20日から11月19日まで、市内観光物産施設のスタンプラリーを実施する。
 同ラインは、胆沢ダム沿いの国道397号から一関市の国道342号新祭畤大橋付近へと通じる市道の愛称。15(平成27)年9月に開通した同ラインの利用促進を呼び掛けるとともに、市内に点在する観光物産施設を周遊してもらう機会にしようと、昨年度から実施している。
 本年度は18設にスタンプを設置。うち、8カ所は有料施設で入館料などを払った人が押印できる。同協会によると、前回は施設の利用または見学をせずにスタンプ押印だけを要求する事例があった。観光物産の振興につなげたいとする事業趣旨の面から、理解を求めている。
 ... (続きを読む


平泉町へのアクセス
平泉町へのアクセス English Korean Chinese 奥州平泉の天気情報
奥州平泉グルメ情報
奥州平泉観光情報
奥州平泉宿泊情報
奥州平泉土産情報

ダイジェスト版の閲覧はこちら 携帯版HPはこちら!
最新NewsIndex

特集記事Index





岩手県広域情報