奥州平泉観光新聞
奥州平泉観光新聞

奥州平泉の文化遺産平泉世界遺産登録を目指して
岩手県南のおすすめルートプラン

最新ニュース

黄金色 漂う浄土の薫り 来秋交付へ
2017/11/16

▲採用作品と渋谷真之さん

 来秋の交付開始を見込む自動車の「図柄入り平泉ナンバー」のデザインが13日、公募を経て決まった。採用作品(最優秀賞)の作者は、一関市藤沢町の住職渋谷真之さん(42)。世界文化遺産「平泉」を核とした地域づくり推進や観光振興などに役立てる。
 14(平成26)年11月導入のご当地ナンバー・平泉ナンバー(一関市、奥州市、金ケ崎町、平泉町で表示)を図柄入りにしようと昨年12月、県南4市町や商工、観光団体などで組織する実行委員会(会長・佐藤晄僖(こうき)一関商工会議所会頭)が発足。今年4│8月に図柄デザインを募り、県内在住者から43点(一関市18点、奥州市16点、金ケ崎町1点など)、県外10点の計53点が集まった。
 有識者や4首長ら選考委員による最終選考を経て、平泉町役場で13日に開か... (続きを読む

アテルイ、モレ 清水寺(京都)で慰霊法要
2017/11/16

▲京都・清水寺で営まれたアテルイ・モレ慰霊法要

 京都市東山区の清水寺(森清範貫主)で11日、恒例のアテルイ・モレ慰霊法要が営まれた。碑建立以来、今年で24回目。奥州市民と関西在住の県出身者ら約100人が参列し、古代東北の英雄をしのんだ。
 この日の京都は、未明まで雨が降っていたが、法要が営まれる午前中には青空が広がった。清水寺の周囲の山々がやっと色づき始めた。参道脇の「アテルイ・モレの碑」の前には、奥州市から足を運んだアテルイを顕彰する会(及川洵会長)の関係者や一般市民、関西アテルイ・モレの会(和賀亮太郎会長)会員らが顔をそろえた。
 法要に先立ち、今年も笛の奉納が行われ、京都の笛師・森美和子さんが篠笛(しのふえ)でオリジナル曲や民謡「南部牛追い唄」、童謡「紅葉」など数曲を披露した。みやびな音色が境内に響き渡った。
 森... (続きを読む

世界遺産追加へアピール 白鳥舘遺跡で鮎まつり
2017/10/17

▲中世の衣装に身を包み、北上川産天然アユを焼くスタッフら

 奥州市前沢区の白鳥舘遺跡・鮎まつり(同まつり実行委員会主催)は15日、同遺跡と白鳥地区防災センターを会場に開かれた。市内外から多くの客が訪れ、焼きたてのアユを味わったり、中世にちなんだイベントを体験したりしながら白鳥舘遺跡を身近にした。
 今年で9回目を数える恒例行事。時代衣装をまとったスタッフが来訪者をお出迎えし、歴史的情緒を漂わせた。同センター会場ではアユの塩焼きコーナーが人気。烏帽子をかぶった住民有志が炭火に向かい、北上川産天然アユ約300匹を焼き上げた。
 一方遺跡会場では、弓矢の的当て、かわらけの絵付けなど歴史体験イベントでにぎわった。胆沢区の大畑平念仏剣舞、前沢42歳厄年連「雅龍白巳會(がりゅうはくみかい)」が演舞を披露し、祭りに花を添えた。
 白鳥5区の佐々木... (続きを読む


平泉町へのアクセス
平泉町へのアクセス English Korean Chinese 奥州平泉の天気情報
奥州平泉グルメ情報
奥州平泉観光情報
奥州平泉宿泊情報
奥州平泉土産情報

ダイジェスト版の閲覧はこちら 携帯版HPはこちら!
最新NewsIndex

特集記事Index





岩手県広域情報