奥州平泉観光新聞
奥州平泉観光新聞

奥州平泉の文化遺産平泉世界遺産登録を目指して
岩手県南のおすすめルートプラン

最新ニュース

胆沢・郷土芸能まつり 気持ち新たに12日
2017/03/08

▲フルバージョン「案山子踊」の初披露へ向け、練習を重ねる都鳥鹿踊保存会

 胆沢区の第50市教委は、前回の祭典あいさつで「胆沢区単独の祭典は、これが最後。来年から出演団体を市内全域に拡大させ、広域的な取り組みを目指す」との意向を明らかにしたが、昨年の市議会3月定例会で地域自治区の設置期間を2年延長する議案が可決され、当初の「オール奥州開催」が白紙に返ったという。
 同まつりは1967(昭和42)年、旧胆沢町制施行記念行事の一環で始まった。以来、地域に伝わる鹿踊や剣舞、神楽などの伝承に取り組む団体が集結。唯一の活動が祭典出演という団体もあり、「同まつりがなくなったら、地元の郷土芸能は先細りになってしまう」と懸念する関係者もいる。
 第50回の祭典には、区内8団体が出演。ベテラン勢に交じって児童生徒も奮起し、前谷地神楽保存会は若柳小の児童6人と共に「山の... (続きを読む

専門家ら集結 水沢でフォーラム
2017/01/25

▲奥州藤原氏が展開した仏教的施策の源流などについて語る佐川正敏教授

 第17回平泉文化フォーラムは21日、2日間の日程で水沢区佐倉河の市文化会館(Zホール)を会場に始まった。東北学院大学の佐川正敏教授による基調講演のほか、平泉関連史跡の調査報告や共同研究の成果披露も。研究者や歴史ファンらが最新の平泉研究に理解を深めた。
 平泉文化の研究調査の推進と市民への周知を狙いに毎年開催。今回は「平泉」の世界遺産登録5周年記念に位置づけ、県教育委員会、いわて高等教育コンソーシアム、岩手大学平泉文化研究センターが主催した。
 開会に先立ち、同コンソーシアムを代表し岩手大学の小川智副学長があいさつ。「このフォーラムは平泉研究の最先端の成果を発表する場。佐川先生の講演をはじめ、各種の共同研究や発掘調査の報告が研究を進める上での一助となり、平泉文化への理解がさらに... (続きを読む

タイへ岩手 胆江の魅力
2017/01/18

▲平安時代食を試食するナワット・イッサラグリシルさん

現地の人気TV司会者が番組ロケ
歴史・文化・食を堪能 インバウンド促進で県が招致

 タイの人気テレビ番組司会者による岩手ロケが16日までの2日間、県内各地で行われた。本県の食財と産地や生産者に興味を持ってもらい、旅行先としての魅力を知ってもらおうと「いわての食財インバウンド(外国人旅行者)促進事業」の一環として県が招致。胆江地区では江刺区の歴史公園えさし藤原の郷で平安時代食を楽しみ、食とともに当地の歴史や文化にも触れた。ロケの模様は2月下旬にタイ国内で放送される。
 今回訪れたのは、タイの人気司会者でテレビ番組のエグゼクティブプロデューサー、旅行家でもあるナワット・イッサラグリシルさん(63)。自身がホストを務めるバラエティー番組「TODAY SHOW(トゥデイ ショー)... (続きを読む


平泉町へのアクセス
平泉町へのアクセス English Korean Chinese 奥州平泉の天気情報
奥州平泉グルメ情報
奥州平泉観光情報
奥州平泉宿泊情報
奥州平泉土産情報

ダイジェスト版の閲覧はこちら 携帯版HPはこちら!
最新NewsIndex

特集記事Index





岩手県広域情報