奥州平泉観光新聞
奥州平泉観光新聞

奥州平泉の文化遺産平泉世界遺産登録を目指して
岩手県南のおすすめルートプラン

最新ニュース

田んぼアートデザイン決定 大谷翔平選手(米エンゼルス)図柄に
2018/05/18

▲今年の田んぼアートの完成イメージ図

 今年の水沢・田んぼアートのデザインは、米大リーグで投打の二刀流で大活躍中の大谷翔平選手(23)=水沢出身=に決定した。「おらほの☆(スター)二刀流大谷翔平選手」と銘打ち、田んぼアート実行委員会の森岡誠会長(66)は「海外の大谷選手へ地元も応援していることが伝われば」と意気込んでいる。
 11年目を迎えた取り組み。同実行委は、大谷選手の父母を通じて所属先のエンゼルスと交渉し、図柄使用の快諾を得たという。今年も水沢佐倉河字北田地内にある約40アールの水田をキャンバスに描かれる。
 デザインは、投手として速球を投げ込む姿と打者で快音を響かせる大谷選手を描いた。ひとめぼれなど6種類の水稲苗を使い、ユニホームの赤色や肌の質感などを再現する。スポーツ選手をテーマとした田んぼアートは初めて... (続きを読む

江刺甚句まつり 来場ぜひ!
2018/04/20

▲江刺甚句まつりの魅力をアピールし、来場を呼び掛けるキャラバン隊

 第45回江刺甚句まつり(5月3、4日開催)のキャラバン隊が19日、水沢柳町の胆江日日新聞社を訪れ、演舞で着用するオリジナル衣装などを披露しながら今年のまつりの魅力をPRした。
 訪れたのは江刺42歳年祝連「紀焔(きえん)会」の熊谷強副会長、同25歳年祝連「紫月琉(しんがりゅう)」の菊池侑貴(ゆうき)副会長ら5人。まつりの見どころなどを紹介し、本番への意気込みも語った。
 紀焔会の熊谷副会長は「一昨年から準備を始め、いよいよ集大成となる甚句まつりとなる。地元江刺への思いを込めてオリジナル演舞『わ』をお見せし、平成最後の甚句まつりを盛り上げたい」と力を込めた。
 紫月琉の菊池副会長は「会の名前にある月は太陽があってこそ輝く星であることから、地域の皆さんがあって輝く仲間であること... (続きを読む

4月8日「かねがさき桜まつり」
2018/04/04

 かねがさき桜まつり(同まつり実行委員会主催、町、町商工会、町観光協会、金ケ崎企業クラブ後援)は、4月8日から5月6日まで繰り広げられる。今年は、金ケ崎町西根諏訪小路の金ケ崎神社と諏訪公園で行ってきたぼんぼりの設置を見直し。JR金ケ崎駅前に新たに桜名所案内看板を設置し、町内への回遊につなげる。「桜が咲きフォトフェスティバル」や「桜アートギャラリー」などの試みを加え、金ケ崎の春を楽しんでもらう。
 「諏訪八景」で知られる金ケ崎神社(旧諏訪社)と諏訪公園へのぼんぼり設置・点灯や金ケ崎火防祭、町民お花見会などで構成してきた同春まつり。今年は、火防と安寧を祈る金ケ崎火防祭(15日)が囃子屋台運行の年に当たっており、5月3日には、5年に一度の駒形神社春季大祭稚児・子ども騎馬武者行列も行われ... (続きを読む


平泉町へのアクセス
平泉町へのアクセス English Korean Chinese 奥州平泉の天気情報
奥州平泉グルメ情報
奥州平泉観光情報
奥州平泉宿泊情報
奥州平泉土産情報

ダイジェスト版の閲覧はこちら 携帯版HPはこちら!
最新NewsIndex

特集記事Index





岩手県広域情報